かはくtop|研究活動top

 

トップページ
新着情報
システム紹介
プロジェクト
調査報告
ご意見

 

サイトマップ

音声ガイド視聴

(1)音声ガイドは,展示標本などの対象物から目線をそらさずに解説を得ることが出来るのが利点です。しかし,解説が対象物のどこを指しているのか,ピンポイントで示すことなどは苦手です。例えば,ティラノサウルスの足の甲の部分の骨の形を見ると,ティラノサウルスは,本来は小型で華奢な獣脚類恐竜で,鳥類に進化して行く系統に近い動物だったことが判ります。恐竜や鳥類の後肢の構造は,ヒトとは異なるので,いきなり「足の甲」と言われてもどこのことなのか判らないかも知れません。

(2)展示室には解説パネルや解説ビデオがすでに存在します。音声ガイドのガイド内容は,他の解説に無いような「さらに詳しい解説」や,「新着情報」を中心にすべきだという考え方もあります。また,展示室の別の場所に「点」として置かれている標本を「線」で繋いだりする役割に徹するべきだという考え方もあります。また,音声が中心ですから,目の不自由な方への解説を中心に行うべきだという意見もあります。以下には,ティラノサウルスに関する音声ガイドの例がいくつかあります。どのガイドが標本の観察を促したか,教えて下さい。


 再生ボタンをクリックすると音声がイドが流れます。

このページの動画を見るためには、Apple社のQuick Timeが必要です。QuickTimeはこちらからダウンロードしてきてください。